『酔心 上撰 橅のしずく』を試飲レビュー!

日本酒
スポンサーリンク

 今回『酔心 上撰 橅のしずく(180㎖)を飲んでみたので、試飲レビューしていきたいと思います。

 評価は、ラベル外観・色・香り(常温・冷・ぬる燗・熱燗)・味(常温・冷・ぬる燗・熱燗)で行っていきます。

 ※個人的主観で評価していますので、それぞれ飲んだ時に個人差が出ると思いますがご理解ください…

◇ラベルと外観

  • 透き通る青色の瓶と金色のキャップが特徴的。
  • 瓶の形状が名前のとおり雫状に見える。

 上から見てみましょう…

 金のキャップ部分の存在感が増します。多分、瓶の大きさが小さめというのもあるかもしれません…

 次は、キャップだけをアップにして見ました…

 ラベルは漢字で和の雰囲気を出していましたが、キャップは一転して英語表記です。

 この部分だけ見ると、スタイリッシュでお洒落な感じになっていますね…

◇色

  • ほぼ透明に近い。

◇香り

◆常温

  • 香りはとてもとても優しい感じ
  • ほんのり甘い香り。

◆冷

 ➡︎常温の時に比べて、香りが強くなる。

  • 少しツンと鼻に抜ける香りが加わる。
  • 飲んだ後、口の中で米の特徴ある香りが広がる

◆ぬる燗

 ➡︎常温の時よりは多少強いが、熱燗の時に比べて弱い。(日本酒独特の香り)

◆熱燗

 ➡︎常温の時に比べて、日本酒独特の香りが強くなる

◇味

◆常温

  • 変化の差が少なく、グラデーションのように徐々に味が変わっていく
  • 水のような飲みやすさほのかな甘み
  • 程よい苦みが特徴的
  • 集中して味わいながら飲むと、甘み・辛み・苦みの味の変化を楽しめる

 【味の移り変わり】

 ⚪︎口に入れると、水のような飲みやすさほんのりとした甘みをまず感じる。

 ⬇︎

 ⚪︎徐々に程よい苦み辛みへ変化していく。

 ⬇︎

 ⚪︎最後に優しい辛みがやってくる。

◆冷

 ➡︎常温の時に比べて甘みが強くなる


 【味の移り変わり】

 ⚪︎口に入れて直ぐは、甘みを感じる。

 ⬇︎

 ⚪︎喉にいくにつれて、辛みを感じるようになる。

 ⬇︎

 ⚪︎喉に到達すると、ゴーとインパクトある辛みがくる。

 ⬇︎

 ⚪︎口の中では、ピリリと程よい辛みが少し持続する。

 ⬇︎

 ⚪︎飲み終わると最後は、ほんのりとした甘さが残る。

◆ぬる燗

 ➡︎常温の時より甘みが強くなる。(米の甘み)


 【味の移り変わり】

 ⚪︎口に入れると甘みがくる。

 ⬇︎

 ⚪︎ほんの少しピリッとした辛みがくる。

 ⬇︎

 ⚪︎喉を通る時、カーと辛みがきて、直ぐに甘みに戻っていく。

◆熱燗

 ➡︎常温の時よりは辛みも甘みも強くなるが、冷酒やぬる燗に比べて特徴がない印象。

  • 味のメリハリがなくなり、ボヤけた味。

 【味の移り変わり】

 ⚪︎お湯のような飲みやすさ少しの甘みがくる。

 ⬇︎

 ⚪︎ピリッと辛みがきて直ぐにひく。

 ⬇︎

 ⚪︎もう一度、ピリッと辛みがきて直ぐにひく。

 ⬇︎

 ⚪︎最後に甘みが残る。

◇基本情報

  • 名前:酔心 上撰 橅のしずく
  • 製造者:株式会社 酔心山根本店
  • 原材料:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
  • 精米歩合:65%
  • アルコール分:15度

◇まとめ

 『酔心 上撰 橅のしずく』のオススメの飲み方は、熱燗以外の“常温”“冷酒”“ぬる燗”です。

 “常温”は、ゆっくり味わってほのかな甘み辛み苦みを楽しみたい時に!

 “冷酒”は、甘み辛みギャップを楽しみたい時に!

 “ぬる燗”は、甘みメインで楽しみたい時に!

 …オススメです。

 日本酒選びの参考に…

 じっくりゆっくりささやかな味の変化を楽しみたいし、しっかりと甘みや辛みも楽しみたいという欲張りな人に最もオススメしたい日本酒です。

 ※未成年の飲酒は犯罪です!ルールを守って楽しくお酒を飲みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました