『福美人 本醸造 生貯蔵酒』を試飲レビュー!

日本酒
スポンサーリンク

 今回『福美人 本醸造 生貯蔵酒(180㎖)を飲んでみたので、試飲レビューしていきたいと思います。

 評価は、ラベル外観・色・香り(常温・冷・ぬる燗・熱燗)・味(常温・冷・ぬる燗・熱燗)で行っていきます。

 ※個人的主観で評価していますので、それぞれ飲んだ時に個人差が出ると思いますがご理解ください…

 ※本醸造については、「日本酒について」という記事に書かせてもらってますのでそちらをどうぞ!

◇ラベルと外観

  • 透明の瓶(若干黄みがかっている)と金のキャップが特徴。
  • ラベルは、白に「生貯蔵酒」の文字のところだけ銀背景
  • シンプルなデザインになっている。

 上から見ると…

 金のキャップとキャップの「福美人」という文字が目立ちますね…

 キャップをアップで見てみましょう!

 この部分だけ見ると、高級感が出て来ます。

◇色

  • ほぼ透明。(外観とラベルを見た時に黄色っぽく感じたのは、瓶が黄色みをおびていたからです。)

◇香り

◆常温

  • 香り強め
  • 日本酒独特(カップ酒のような)の香りがする。
  • 飲んだ後でくる、口の中に広がる香りも特徴的

◆冷

 ➡︎常温の時より香りが強くなる

  • 飲んだ後の鼻から抜ける香りを強く感じるようになる。

◆ぬる燗

 ➡︎常温より香りが弱くなる

◆熱燗

 ➡︎常温より香りが強くなる

  • ツンとする感じの香りが結構くる

◇味

◆常温

  • やさしいやさしい甘み喉にガーとくる辛みが特徴。
  • 飲んだ後のさっぱり、スッキリ感
  • 香りほど味に主張はない

 【味の移り変わり】

 ⚪︎口に入れると優しい優しい甘みがくる。

 ⬇︎

 ⚪︎喉を通る時にガーと辛みがくる。

 ⬇︎

 ⚪︎その後スカッと味が引いていく

◆冷

 ➡︎甘みと辛みが常温の時より強くなる。


 【味の移り変わり】

 ⚪︎口に入れると甘みがやってくる

 ⬇︎

 ⚪︎直ぐにガーと辛みがやってくる。

 ⬇︎

 ⚪︎最後は、日本酒独特の味を口の中で長く楽しめる。

◆ぬる燗

 ➡︎常温時に比べて甘みが強くなるが、辛みは弱くなる。

  • 味の変化やインパクトがなくなる。
  • 何度も飲んでいると、カーと辛みを感じてくる

◆熱燗

 ➡︎常温の味の変化を前倒しにしてギュッとした感じ。


 【味の移り変わり】

 ⚪︎口に入れた瞬間から辛みがガツンとくる。

 ⬇︎

 ⚪︎その後、味がフェードアウトしていくような感じ。

 ⬇︎

 ⚪︎残る味は、ほとんどない。

◇基本情報

  • 名前:福美人 本醸造 生貯蔵酒
  • 製造者:福美人酒造株式会社
  • 原材料:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
  • 精米歩合:60%
  • アルコール分:15度以上16度未満

◇まとめ

 『福美人 本醸造 生貯蔵酒』のオススメの飲み方は、甘み辛み香り強くさせる“冷酒”

 ちなみに、「日本酒のカーとくる辛みが好きなんだ!」という方には、“熱燗”でも良いかも知れません。

 日本酒選びの参考に…

 日本酒独特の「the お酒」という香り好きな人にオススメの日本酒です。

 ※未成年の飲酒は犯罪です!ルールを守って楽しくお酒を飲みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました