一時休売中の『アサヒ スーパードライ生ジョッキ缶』を試飲レビュー!

ビール・発泡酒
スポンサーリンク

 今回は、アサヒビールが出している出荷停止中の『アサヒ スーパードライ生ジョッキ缶』を飲んでみたので、試飲レビューしていきたいと思います。

 まずは、『アサヒ スーパードライ生ジョッキ缶』を実際に飲んでみて分かったことをまとめつつ、いつものように評価していきます。

 評価は、色・香り・味で行っていきます。

 ※個人的主観で評価していますので、それぞれ飲んだ時に個人差が出ると思いますがご理解ください…

◇『アサヒ スーパードライ生ジョッキ缶』を実際飲んで分かったこと

 まずは外観的特徴…

 普通のアサヒスーパードライのデザインに加えて、ビールの鮮やかな黄色とシュワシュワ感がプラスされたデザインとなっています。

 外観で一番特徴的なのが上蓋です。

 大きな飲み口缶詰のような開け口となっています。

 では、さっそく開けて見ることにしましょう…

 プシュ!

 シュワワワワワワ!

 缶を開けた瞬間、中から溢れんばかりの泡が出てきました。

 中途半端に開けたせいなのか?写真を撮っている間にぬるくなったせいなのか?

 泡がものすごく出てきて机の上が大変な事に…

 少し落ち着いたらこんな感じで綺麗になりました。

 実際の缶の記載にも、ビールの温度で泡の量が変わると書いてあります。

 キンキンに冷やした状態で泡を増やしたい時は、缶を手で包み込むと良いとも書いてありました。

 この時に思ったことが、もし買った時にビールがぬるい状態だと泡が溢れ大変な事に…

 飲む場所を考える!かキンキンに冷やした状態にすることをおすすめします。

 飲んでみましょう!

 缶ビールでここまで泡が楽しめるのは凄いです!

 ビールの泡好きな人にはたまりませんね…

 でも、ちょっと気になることが…

 それは、口のふちが厚いという事です。

 なので若干飲みにくい印象を受けました。

 味の方はどうかというと…

 キレのあるのどごししっかりとした苦味が特徴的でした。

 しかし、普通のスーパードライに比べて味が薄く感じたように思います。


《『アサヒ スーパードライ生ジョッキ缶』の特徴》

○ 缶ビールで泡が楽しめる斬新さ

○ ビールの泡好きにはたまらない

▲ 味が少し薄く感じた

▲ 少し飲みにくい構造

▲ ぬるくなるのが早い印象(個人的な見解)

→泡の量を温度で調節するため、普通のビールよりぬるくなりやすいのではと思いました。そのため、グラスに入れると缶のまま飲む時よりぬるく感じました。なので、缶のまま飲むことをおすすめします

◇色

  • 黄色の透明(普通のスーパードライに比べて若干薄めの色)

◇香り

  • ほんのり麦とホップの香り

◇味

 《味の移り変わり》

 ⚪︎まず、ふんわり麦ホップの風味がくる

  ⬇︎

 ⚪︎のどを通る時キリッとした良いのどごしビール特有のガツンと感がやってくる。(普通のアサヒスーパードライに比べて弱め)

  ⬇︎

 ⚪︎苦みと風味がブワーと強くなって、最後に口の中に広がっていく。

◇基本情報

 ・『アサヒ スーパードライ生ジョッキ缶』は、アサヒビール株式会社が出している居酒屋の生ジョッキのようなうまさを実現した缶ビールです。

  • 内容量:340㎖
  • アルコール分:5%
  • 特徴:生ビール
  • 製造者:アサヒビール株式会社

◇まとめ

 『アサヒ スーパードライ生ジョッキ缶』は、居酒屋の生ジョッキビール泡を缶で楽しめる生ビールとなっています。

 ビールの泡が好き!斬新さを体感したい!という方には、特におすすめです。

 泡や斬新さを求めるなら『アサヒ スーパードライ生ジョッキ缶』

 味やキレのあるのどごしを求めるのなら『アサヒスーパードライ』

 …といった印象です。

 ※投稿時現在は、出荷停止状態のため入手は困難な状態なのでご注意を!

 ※未成年の飲酒は犯罪です!ルールを守って楽しくお酒を飲みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました