『ワイン』について簡単にまとめてみた!

〇〇について
スポンサーリンク

『ワイン』は、品種や生産地・収穫年などで香りや味わいが変わってきます。

 また、近年では“ぶどう”以外の果物を使った『ワイン』も多く販売されています。

 そんな多種多様ある『ワイン』ですが、知識をつけていくことでよりワインの世界を楽しむことができるのです。

 私が思うに、ワイン』はお酒の中で一番“知識”と比例して“美味しさ”が増していくお酒だと思っています!

 なので今回は、ワインの基礎知識について簡単にまとめてみました。

 さぁ、ワインの世界の扉を開いてみましょう!

◇“ワイン”とは?

 “ワイン”とは、果実を発酵させたアルコール飲料果実が原料の醸造酒

 ※「ワイン」と単体で呼ばれる時は、ぶどうを原料にしたものに限る。葡萄酒・ぶどう酒とも呼ばれる。

◇“ワイン”の歴史

◆“ワイン”の歴史的記録が残る場所

  • ジョージア(約8000年前の陶器の壺から世界最古のワイン醸造の痕跡が見つかる・歴史的記念物や文献などから7000年〜5000年前に醸造されたとされており、発祥地の一つとなっている)
  • アルメニア(約6000年前のものとされる世界最古のワイン醸造所跡が見つかる)
  • イラン高原(紀元前6000年ごろからワインの生産が始まったとされる)
  • メソポタミア(ぶどうの生産に適した土地がなかったこともあり、紀元前4000年頃にようやく醸造できるようになったとされる)
  • 古代エジプト(紀元前4000年末までにはワインが製造されていたとされる)

◆最古の“ワイン”に関する記述

  • ギルガメシュ叙事詩(紀元前2000年頃、ワインを振る舞う場面が記述)
  • エジプト壁画(ぶどうの栽培の様子が描かれている)
  • 旧約聖書(“ノア”がワインを飲んで酔ったという記述)

◆“ワイン”の広まり方

〈古代〉地中海岸を拠点とするフェニキア人によって西洋へ広まる。

 ⬇︎

〈中世〉キリスト教とともに発展していく。

 ⬇︎

〈近世〉ヨーロッパの植民地活動とともに世界に広がる。

◇“ワイン”の種類

  • スティルワイン…炭酸ガスを含まない、一般的なワインのこと
    • 赤ワイン黒ぶどうや赤ぶどうを原料として、果実ごとアルコール発酵させたもの
    • 白ワイン白ぶどうを主に原料として、果汁のみをアルコール発酵させたもの
    • ロゼワイン→「ロゼ」=「ピンク色」から“ピンクワイン”とも呼ばれるワイン、醸造方法や作り方が色々あり味わいも様々となっている
  • スパークリングワイン…泡を含んだ発泡性ワイン、炭酸ガスを含んだワイン(代表ワイン:シャンパーニュ・カヴァ・スプマンテ・ゼクトなど)
  • フォーティファイドワイン…ワインに強いアルコールのお酒を加えたワイン代表ワイン:シェリー・ポート・マディラ・マルサラなど)
  • フレーバーワイン…ワインに風味を加えたワイン代表ワイン:サングリア[果物]・ベルモット[香草・スパイス]・レッチーナ[松脂という樹脂]など)

◇ワインのぶどうの品種

  • 赤ワイン用
    • カベルネ・ソーヴィニヨン種
    • ピノ・ノワール種
    • メルロー種
    • シラー種
    • カベルネ・フラン種
  • 白ワイン用
    • シャドルネ種
    • ソーヴィニヨン・ブラン種
    • リースリング種
    • 甲州種
    • ピノ・グリ種

◇まとめ

 今回とりあげた内容は、『ワイン』の基礎中の基礎にすぎません。

 私もこれを機に、『ワイン』について勉強していこうと思ってます。

 『ワイン』についてある程度知識を得ることができた際は、内容を簡単にまとめて皆さんにも随時発信していこうと考えています。

 また、これからは色々な『ワイン』も飲んでレビューしていこうと思っていますので、そちらも楽しみにしていてください!

 皆さんも一緒に、ワインの世界へ飛び込んでみませんか?


《参考サイト》

 ・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』[ワイン]

 →https://ja.wikipedia.org/wiki/ワイン

 ・WINE OPENER[ワイン初心者が知っておきたいワインの基礎知識]

 →https://wine.sapporobeer.jp/article/wine_beginners/

 ・SUNTORY WINE SQUARE[ワインの基礎知識]

 →https://www.suntory.co.jp/wine/series/knowledge/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました