『チューハイ』&『サワー』について簡単にまとめてみた!

〇〇について
スポンサーリンク

 晩酌、宅飲みといえば…“チューハイ”“サワー”!

 …といったように、今ではアルコール度数の軽いお酒が主流になってきています。

 今や“チューハイ”“サワー”は、ジュースに近いようなものであったり、カロリーや糖質0のものであったりと種類がもの凄く沢山あります。

 そんな、沢山種類のある“チューハイ”“サワー”を色々とレビューしていく前に、“チューハイ”“サワー”そのものについて簡単におさらいしておきましょう!

◇チューハイとは?

 チューハイとは…

“日本で最も広く飲用されるカクテル。 基本的に、蒸留酒、フレーバー、炭酸水で構成される。”

 引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』[チューハイ]→ https://ja.wikipedia.org/wiki/チューハイ

 とされています。

 つまり、焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカ・ラム・ジンなどの蒸留酒炭酸水で割ってソフトドリンクなどのフレーバーを加えたお酒の総称のことを言います。

 ちなみに酒税法食品衛生法などの法令でも明確な基準がなく、飲食店・飲料メーカー、さらに個人で提供している人や飲んだ人それぞれの基準次第とされています。

 そんなチューハイですが…始まりは甲種焼酎を炭酸で割ったものからはじまったとされており、それにソフトドリンクなどを混ぜるようになっていったそうです。

 今のようにチューハイが主流になる一つのきっかけが、1980年代で起きたチューハイブームで…

 その頃酒税の高かったウイスキーを使ったハイボールに代わって、焼酎を使って作った低アルコール飲料がブームになりました。

◇サワーとは?

 サワーとは…

“蒸留酒に柑橘類などの酸味のあるジュース類と砂糖などの甘みのある成分を混合したカクテルの一種である。”

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』[サワー]→ https://ja.wikipedia.org/wiki/サワー

 …とされています。

 つまり、焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカ・ラム・ジンなどの蒸留酒酸味甘味のあるソフトドリンクなどで割ったものです。

◇チューハイとサワーの違い!

 「“チューハイ”と“サワー”はどう違うのか?」とても気になるところではありますが…

 実は…明確な違いがない!というのが答えです。

 この2つの違いも、飲食店・飲料メーカーなどの取り扱い次第となっています。

 強いていうなら…“チューハイ”は炭酸を割ったものに限られるますが、“サワー”は炭酸でなくても酸味や甘味があるものならOKであったり…“チューハイ”は緑茶やウーロン茶などの酸味や甘味がないものでもOKなのに対して、“サワー”は酸味や甘味があるものだけという違いがあります。

 しかし、これらも飲食店や飲料メーカーによって例外が存在するので断言できるものではありません!

◇まとめ

 “チューハイ”“サワー”は、意外と曖昧な基準のお酒だということを知ることが出来ただけでも、とても興味深い内容だったのではと思っています。

 これからは、新しい商品がバンバン出ている“チューハイ”“サワー”を、どんどんレビューしていきますので、よろしくお願いします。

 あなたに合った“チューハイ”や“サワー”を、一緒に探していきましょう!


 《参考サイト・参考文献》

 ・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』[チューハイ]

 → https://ja.wikipedia.org/wiki/チューハイ

 ・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』[サワー]

 → https://ja.wikipedia.org/wiki/サワー

コメント

タイトルとURLをコピーしました